シャア専用 JAGD DOGA 製作記【06】

みなさん、こんばんわっ!!



本日より日本からの来客対応がスタート、アパートの部屋に戻るのは寝るだけという生活が始まりました、Fino(フィノ)です。



でも、今日はまだお客さんの日本からの到着日…夕方に到着、ホテルにチェックイン…夕飯を食べ終えたた時点で21:00過ぎ…(´∀`*)



日本とタイの時差は-2時間、タイの21:00は日本では23:00…飛行機乗って到着した日は、お客さんは移動疲れもあるし、夕飯だけで済む事が多いです。




つーことで、部屋に戻ってブログ更新です。




さて…本日のシャア専用ヤクト・ドーガのサフェ→塗装の記事、次回の完成写真でヤクト・ドーガも製作記終了~~ですヽ(*´∀`)ノ




オラνガンの製作記はもうちょっと先なので、その合間の製作記を何にしようか…つーことでアンケートを…。






…って、同じネタはやりませんよっ!!(´∀`*)





まっ!適当に考えますヽ(*´∀`)ノ




つか…今日から数日はプラモ弄りもブログ更新もする時間取れそうにないですし(´д`)





では…ヤクト・ドーガ製作記いってみましょーか。



※2013年7月上旬~8月初旬※


さて…一通りの改修が済んだので、サフェを吹きながら足りないトコにスジ彫り等のディテを追加してくことにします。



つっても…1/144スケールなのでヤリ過ぎるとゴチャっとしちゃうので、面積の広い脚部ぐらいですけど…ね。





で、まずはスリッパから…。

11_Safe_001.jpg


側面にプラ板貼ったり、スジ彫り入れてます。


ん~っ、実に手抜きいやさっ!あっさりとしてますな(´∀`*)



で、引き続き脚部フレア…。

11_Safe_002.jpg


ここも、最小限のスジ彫りです。




ちなみに、裾から一定の幅で入ってるトコは、ガイドなしっ!気合のフリーハンドですヽ(*´∀`)ノ



で…調子に乗って胴体…。






がっ!しかしっ!!




ここでエマージェンシー発令っ!!






11_Safe_003.jpg


この肩のトコに追加したギャプランの腰から流用したダクト(青矢印)…。








1個どっか旅立っちゃって、見つかんないッス・゜・(ノД`)・゜・









机の上も下も、2時間かけて探したんッスけど…。







頭の中では…







探しモノは何ですか~~♪




探しても、探しても見つからないのに~♪




まだまだ探す気ですか~~♪







と、井上陽水さんの歌がグルグルとリフレイン…゚(゚´Д`゚)゚









『 こりゃ無いわっ!見つからんわっ!! 』と、ソファに腰掛け…。





…そして僕は途方に暮れる~~♪





宙を見ながら大沢誉志幸の歌を口ずさんで…。










…ヤバイ…モチベが落ちてる。







…このままぢゃ。








………








………………









うぉぉ~!!界王拳っ!10倍返しっ!!(←ちょっと違う?)




ザクッ!ザクッ!!シュッ!シュッ!!




11_Safe_004.jpg


ふうぅ~でけたヽ(*´∀`)ノ



速攻でプラ板で自作しますた(´∀`*)





パーツ探しに2時間プラ板工作+サフェ吹きに1時間ですヽ(´▽`)/





いやぁ…人間って、追い詰めれると凄い力を発揮しますねっ!チュッ(´∀`*)





つか…無駄に探さないで速攻新作すれば…ってツッ込みは無しでっ!!




界王拳!10倍返しっ!!を繰り出さないと、1時間ぢゃ終わってないッスから(´∀`*)







で、塗装なんですが…。



赤の調色に苦労したのはオラサザビー製作記で書いたんで…赤以外のトコを…。




12_Paint_001.jpg


今回のシャア専用ヤクト・ドーガのバーニア一式(´∀`*)


ヤクトはバーニア内部が黄色なんでマスキングで塗り分けてあります。




あっ!左上の大きめの2個は黄色になってませんが、塗り忘れじゃないですよ!


コレはプロペラントタンクに付くヤツ…ヤクト専用ってワケぢゃないんで、あえて黄色にしてませんo(・`∀´・)




12_Paint_002.jpg


で…その、プロペラントタンク。


さきほどのバーニアはここに付きます(´∀`*)



って…デカすぎね?!って、自分でも思いますが…まぁ、お茶目さんっ!ってコトで緩く流して下さいヽ(*´∀`)ノ



12_Paint_003.jpg


脚部の追加ブースターです。


差し色にオレンジの帯を入れてみました。




で…最後にビームライフル(ガトリング?)

12_Paint_004.jpg


ガトリングのトコのシルバーとゴールドはマスキングで塗り分けてあります。


センサーには緑のクリアパーツを入れ込んでます。





いや、このヤクト…意外に塗装途中の写真撮ってねぇです(´Д`)




サザビーの時にも書いたんですが、2機分の同時塗装はアパートの部屋を圧迫しまくって…(# ゚Д゚)




とにかく1機完成させないとっ!!と、追い込まれてましたから(゜´Д`゜)









で、先行でヤクト・ドーガは誕生日を待たずして…完成してましたヽ(*´∀`)ノ

※オラサザビーは自分の誕生日に合わせて完成させました。




※2013年8月4日※


ようやくシャア専用ヤクト・ドーガが完成っ!!





もう今日は深夜だし、明日は月曜日で仕事の日…。





まぁ、本格的な完成写真は今度の休みに撮るとして…取りあえず…。





Finish_001.jpg


同じ1/144のRG MK-Ⅱと一緒に記念撮影~ヽ(*´∀`)ノ





つか…ヤクト…でかっ!!Σ(゚д゚lll)




では…次回、完成写真でシャア専用ヤクト・ドーガ製作記を〆たいと思います!!




See u soon~~♪
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

シャア専用 JAGD DOGA 製作記【05】

みなさん、こんばんわです。


またまた土日ブログお休みでしたね。


いや…金曜日の夕方から風邪を引いてしまいまして゚(゚´Д`゚)゚



土日は薬飲んで大人しくしておりました(´д`)





まっ…それでもプラモ弄りはしてたワケなんですが…ね(*´∀`)





とにかく咳が酷くて…




プラの削り粉を吸い込んでは『 ゲホゲホっ!』





サフェ吹いて匂いを吸い込んでは『 ゲホゲホっ!』





タバコ吸っては『 ゲホゲホっ!ゲホゲホっ!』゚(゚´Д`゚)゚







と…独り身なので誰も文句を言ってくれる人がいないのをいい事に、阿呆な事やっておりました(´д`)







つか…先週も体調崩して、今週もって…歳取るといやぁねぇ~゚(゚´Д`゚)゚




つーことで、プラモ弄りはちょこちょことやってたんですが、ブログ更新はせずに寝てしまってたという…(´∀`)




今日も咳き込んではいるんですが、だいぶマシになってきました。



まぁ…いまはタイで唯一の季節の変わり目(雨季と乾季しかないので…)なので、毎年体調崩すんですがね。



みなさんも体調には充分お気を付けて、楽しいプラモライフをエンジョイしましょーヽ(*´∀`)ノ





さて…それでは、シャア専用ヤクト・ドーガの続きです。



※2013年6月上旬~下旬※


日付が今年の6月なワケですが…その時期は、とっても仕事がバタバタしてました。


とにかく、日本からの来客が多くて…多分、月の半分以上は外食で、部屋に帰るのは寝るだけ~みたいな生活でしたね(゚´Д`゚)゚




つーことで…6月上旬~下旬と、ほぼ丸々一ヶ月なんですが…内容は薄いです(´∀`*)



さて、↓このドイツ軍のヘルメット被ったキツネ(←悪気はないです)をどうしようか…ってトコまででしたね。

09_Head_000.jpg


セイラ・マスオ氏の作例をガン見させてもらい…なんか、ここもキット2個分のヘルメット使用されてる気がするんですが…(´Д`)




そんな資金はないので…取りあえず…。

09_Head_001.jpg


まずは、ヘルメットをエッジングノコで上下に分割っ!!


そこからは、気合と根性で…。

09_Head_002.jpg


こんなんなりましたヽ(*´∀`)ノ


※フェイスをプラ板で製作。

※ヘルメットを上下に延長。

※モノアイをメタルパーツに換装。

※ツノをプラ板削り出しで製作。


と…いったカンジです。



モノアイは…手持ちで一番小さいヤツなんですが、ちょっちデカすぎな気が…(´Д`)



当時、随分悩んだんですが…今では飾棚の中なので気にならなくなりましたヽ(*´∀`)ノ



で…ツノを頭部に乗せると…。

09_Head_003.jpg


こんなカンジです。



…誰ですか?いま『 なんか、よけいにキツネみてぇ~!!』とか言ったのっ!!



まぁ、見ようによっちゃ…パ○レイ○ーに出てくるイ○グラ○みたい゚?(゚´Д`゚)゚




で…これを胸部に組み付けるワケなんですが…頭部を縦に大型化したんでボールジョイントが届かなくなっちまってます(´Д`)


09_Head_004.jpg


で…首を延長、スカスカしてたんでジャンクパーツでシリンダーっぽいヤツ(青矢印のトコ)を追加してやりました。



これで、頭部も完成っ!!




さて…お次は、サフェ・ディテ追加に…。





がっ!しかしっ!!



大事なコトを忘れてましたっ!!

10_VNIA_001.jpg


脚部フレア内のバーニアを肩シールドに移設したんで…脚部がスカスカです゚(゚´Д`゚)゚




それに…シャア専用の機体に脚部バーニアが1個だけっつーのも寂しいッスよね(´Д`)






なんか使えそうなモンはないかな…。






ゴソゴソ…ガチャガチャ…(←ジャンクパーツを漁ってるらしい…)



『 ん~っ、ねぇなぁ~(´Д`)』



ゴソゴソ…ガチャガチャ…(←ジャンクパーツを…以下略)



おぉっ!!これはっ!!


10_VNIA_003.jpg


オラサザビーにプロペラントタンクを奪われて使い道のなくなった『 α・アジール 』の肩パーツ!!



コレをこの辺でカットして…。




うんっ!イケるかもっ!!




10_VNIA_002.jpg


脚部の追加ブースーターですヽ(*´∀`)ノ


やっぱ、シャア専用は脚部にバーニア沢山ぢゃないと…ねっ!!(*゚▽゚*)




で、プラ板足して…。




脚部フレアにメンタム塗って…。




ポリパテでムギュ~っ!…。




『ペカっ!』っと、剥がして…。




周りのハミ出したポリパテ削って…。


10_VNIA_004.jpg


あれ?!…さっきよりデカくなってねぇ?!(# ゚Д゚)




いや…さっきカットした残りの方が脚部にハマるかなぁって…途中からこうなりましたヽ(*´∀`)ノ




まさに…行き当たりバッタリっ!!





超楽しいッス!!ヽ(*´∀`)ノ




で…脚部フレア内バーニアも一緒に…。

10_VNIA_005.jpg


バーニア祭りっ!!(´∀`*)






ちなみに…バーニアは全部ギャプランくんから拝借しましたヽ(*´∀`)ノ






いやぁ~ギャプラン君はバーニア沢山ついてるんで流用パーツの宝庫ですっ!!




10_VNIA_006.jpg


脚部バーニアは、またまたダイソー編み棒メインで適当にでっち上げ~(´∀`*)



ついでに1個じゃ寂しいので、2連バーニアにしてやりました(´∀`*)






そういえば…このシャア専用ヤクト・ドーガには『 メタルバーニア等の高価な市販パーツは一切使わない 』というマイルールで製作してます。




もともとが…キット2個イチだし、アルケーも使用して充分金掛かってますし…(゚´Д`゚)゚





メタルパーツも使用したのはモノアイだけです(´∀`*)







以前の投稿にも書きましたが、やっぱ1/144スケールはFinoに取ってメインストリームじゃないんっすよ(´Д`)





ガッツリと1/100スケールを製作した後や合間の気分転換(時にはモチベ回復)に…ってのがちょうどいいんで…(´∀`*)








さて…お次はサフェ→塗装でヤクトも完成ですヽ(*´∀`)ノ






それは…また、次回つーことで(´∀`*)






ん~っ…ヤクトの後、製作記どれにすっかなぁ…(´Д` )





ではまた!See u Next Time~~♪

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

シャア専用 JAGD DOGA 製作記【04】

みなさん、こんばんわッス!



今日は、前々から書いてた通り…会社の健康診断でした。



健康診断…結果は怖いんですが、さすがに会社ズル休みは出来ないし…まっ、早期発見…つか、健康診断でも受けときゃ気休めにはなるし…(´Д`)



で、その内診(聴診器でペタペタするヤツね…)のお医者さんが、けっこう若いキレイな女医さんで…ちょっと恥ずかしかった、四十ン歳になってもぴゅあBOYなFino(フィノ)です。






やっぱりズル休みしないで受けといて良かった…てへ(´∀`*)

※どこが、ぴゅあBOYやねんっ?!とかのクレームは受け付けておりません。





で…その女医さんからは『 甘いモノはダメ 』『 しょっぱいモノもダメ 』『 運動しなさい 』『 タバコやめなさい 』と、おっさんが健康診断で言われる見本の様な事を言われちゃいました。





つか…もう十数年前から言われてるんで、慣れちゃいましたけどね…てへ(´∀`*)





さて…それではシャア専用ヤクト・ドーガ製作記のつづきです。




※2013年5月下旬~6月初旬※


ファンネルを流用パーツ+αで製作したコンテナにブチ込んで…で、その過程で飛行状態のファンネルはゴミ箱行き…って、トコまでが前回のお話し。



リヤ周りはオリジナルで…ってことにしたので、ついでにプラペラントタンクも追加してやることに…。


やっぱ、シャア専用は出力もギリまで上げてるだろうし…総帥には帰還してもらうことが最重要って事で、搭載燃料容量には気を使ったんじゃないか…と、そんなこじつけいやさ、妄想もといっ!if設定を考えてました。


08_PTank_001.jpg

で…ダイソー編み棒でサクッっとでっちあげ(´∀`*)


市販パーツやプラ棒でデコレートしてやりました。




んで、これを本体へ…。


08_PTank_002.jpg


がっ!しかしっ!!そこはバーニアの取り付け場所ッス!!






バーニアの代わりにプロペラントタンクってありえねぇ~~゚(゚´Д`゚)゚






燃料増やしても、バーニア減ったら意味ねぇ~~!(´д`)






つーことで…。

08_PTank_003.jpg

バーニアの上部に取り付け基部を製作っ!





まっ、タンクもバーニアも取り付け軸は3.0㎜なので、その日の気分で付け替えが…って、オイっ!!(# ゚Д゚)




その日の気分で付け替えるモンでもねぇだろ?!Σ(゚д゚lll)







まっ…それはさておき…(←ちょっとトイレに行ってたので急に話題が…)


そろそろ付属品に入りまショーかね。





まずは、シールド…標準のシールドは丸い形状をしてて、どっかシャアっぽくないですね。


氏の作例も、いかにも加飾って形状が追加されてます…が、これも何を流用されたのか不明です(´д`)



つーことで…。

06_Shild_001.jpg

プラ板でそれっぽいヤツを製作。


06_Shild_002.jpg


それをシールドの一部をカットし、接着してやりました。




ちなみに…このプラ板工作も図面等は一切なしっ!



プラ版をシールドにあてがって、シャーペンでカキカキして切り出してやりましたヽ(*´∀`)ノ





で、切り出したプラ板の接着は…カットしたシールドにプラ版を合わせ、両手でシールドとプラ板を固定…口に瞬着咥えて固定するという空中戦でした(´∀`)




プラモ弄ってるとありますよね…こういう空中戦での接着ってヽ(*´∀`)ノ




ん~っ!手がもう一本あったらなぁ~…みたいな(´∀`)





誰か…瞬着硬化スプレー吹いてくんないかなぁ~…みたいな(´Д`)





まだ乾かないなぁ~…なんかトイレに行きたくなってきた気ガス…みたいな(# ゚Д゚)






…ねっ?!…ありますよね、こういう事…?!








さっ、それはさておき…お次はビームライフルです。

07_BMRF_001.jpg

ヤクト・ドーガのキットはクェス用を使用しているんですが、クェス用はライフルっちゅーよりガトリングな形状してます。



これ、なんか初心者向けつーか…ヘタな鉄砲も数撃ちゃ当たる…って、感じでシャアっぽくないですね…(´д`)


でも、ギュネイ用のは小さくてしょぼいし…つーか、キットも持ってないしね(´▽`)



それに、妄想の中ではシャア専用のヤクト・ドーガの加飾を外してクェス用として使用した…って、if設定なので、ガトリングはそのまま使用する事にします。


ただ、あの特徴的な『 長い棒 』の持ち手は好きになれないので…。


07_BMRF_002.jpg


そこにギャプランのバインダーから流用したビーム発射口を追加してやりました。


妄想では、マイナスモールドの切り替えスイッチで、大出力のビームとガトリングを切り替えられる…と、いうことにしときました(*´∀`)





まぁ…MSの武器にトリガーやマニュピュレーターで切り替えるスイッチが必要かどうかは疑問ですが…まっ、そこは雰囲気つーことで(´∀`)




さて…残すは頭部のみとなりましたヽ(*´∀`)ノ


09_Head_000.jpg


この掴みどころのない…あっ!ヤクトファンのみなさん、スミマセン!!悪気はないです!決して!



モノアイスリットともキツネ目とも言えない…あっ!本当に悪気はないですよ!ただのFinoの好みの話しですから…緩く流してください。




ドイツ軍のヘルメット被ったキツネをどうしてやりましょーかね(´∀`)





………本当に悪気はないんですよ、チュッ(*゚▽゚*)





では、続きは次回っ!!




See u Next Time~~♪♪

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

シャア専用 JAGD DOGA 製作記【03】

みなさん…どーも、おばんでやすっ!


タイもいよいよ本格的に乾季で涼しい時期…寝るときエアコンいらずのせいか、心なしか体調のイイFino(フィノ)です。


今週も、明日の健康診断を乗り切れば週末…今週は土日休みです(´∀`)


まぁ、いつもの事ですが…予定は全くないので、二日間タップリとプラモ弄りする予定です!





とは言うものの…来週は日本からの来客対応でプラモ弄りの時間が取れそうにねぇッス(´Д`)




いや…海外駐在を経験した方はわかってもらえると思うんですが…。


駐在者は日本から来客があると、とたんに私生活がなくなります(゜´Д`゜)



到着日は空港ピックアプ、滞在中は朝のホテルピックアップ→夕飯までずっと一緒。

勿論、帰国日は空港送迎…と、とにかく入国日~出国日までずっとベッタリです。


まぁ…海外駐在の方みんながそうではないと思いますが、Finoは色んな事情で特別そういう役回りになってます(´Д`)



まぁ…コレも仕事の内、仕事を円滑に進めるためには必要な事…と割り切ってはいるんですがね。


ただ続くトキは連続で2週間とかになると、さすがに…ね。



と、いうことで…来週はプラモ弄りも停滞…ここまで頻繁に更新してきた、このブログも更新が停滞するかも…です(゜´Д`゜)








つか…誰も待ってないか…こんなブログ・゜・(ノД`)・゜・






うん、良く分かってますよ…プラモ弄りのブログで、この頻度は普通ぢゃないっ!!ってことぐらい…゚(゚´Д`゚)゚




と、いうことで…今週は続けて更新っ!!です(´∀`)



では…早速、シャア専用ヤクト・ドーガの続きです。




※2013年5中旬~下旬※

え~っ…シャア専用ヤクトの改修も、脚部→胴体と進んだので、お次は肩ですね。



セイラ・マスオ氏の作例写真をガン見して…。



『 ふんふん…なるほど…ココはコレか?…で、ココはもしかして… 』と試行錯誤した結果…。







この肩も胸部同様、ギャプランTR-5のパーツが重要…つか、ギャプランTR-5無しでは成立しないと言っても過言ではないかと…。





04_Body_003.jpg


①ギャプランの肩パーツです。

 つーか…まんまです(´∀`)一目でギャプランとわかる特徴的なパーツですね。


②ギャプランの足首パーツです。

 これも、まんま乗せただけ(´Д`)


③ギャプランの腰サイドスカート…の一部。

 コレはギャプランのパーツを切り刻んで…つーか、元パーツの1/4ぐらいしか使ってません(´∀`)
 ※氏の作例にはついてないです…が。


④ヤクト・ドーガの脚部フレア内にあるバーニア。

 ヤクトのバーニアを肩アーマーの裏側に細工して取り付けてあります。



…と、ギャプランTR-5大活躍ッス!!ヽ(*´∀`)ノ




まぁ、なかなかのシャア専用っぽさですよねo(・`∀´・)





そうそう、肩にギャプランのパーツをテンコ盛りにしたんで、ヤクトの肩シールドの上部はカットしちゃってます。







がっ!しかしっ!!…本来、ここの肩シールドにはファンネルが付いてます(´Д`)




氏の作例でもファンネルは背中に移設してるみたいなんですが…いかんせん、リヤビューの写真がねぇッス(゜´Д`゜)


背中は何がどうなってるのか…良くわかんねーッス(゚´Д`゚)゚。




ちなみに…FinoはWebで拾った写真を参考にしてまして…氏の作例が掲載された雑誌等々は保有してません。


なんかの雑誌に乗った作例ってのはWebでわかったんですが…その頃はFinoがプラモ弄りから一時離れてた時期だと思われ…゚(゚´Д`゚)゚




つーことで…背中はオリジナルで…。







ん~っ…ファンネルは、やっぱコンテナいるよな…(´∀`)




でも、せっかくココまで流用できてるんだから、ガッツリなプラ板工作は避けたいな…(´Д`)




ギャプランTR-5にはファンネルコンテナとして使えそうなパーツ…ねぇな~(´・ω・`)




なんか…サクッと使えそうな…と、考えながら出社前の着替えでクローゼットの上を見上げると…





『 おっ!!(・∀・) 』





05_BPack_001.jpg




『 コレならイケるかもっ!!』



と、罪(積み)プラの中からFinoの目に飛び込んで来たのは…。




05_BPack_002.jpg


00シリーズのアルケーガンダムっ!!






こいつの肩ならファンネルコンテナにピッタリっ!!





…つか、もうFinoの目にはアルケーガンダムの肩はファンネルコンテナにしか見えねぇッス!!ヽ(*´∀`)ノ





00セカンドシーズンに出てきた、アリー・アル・サーシェスの

『 そうよっ!そのまさかよっ!!』とか『 ところが!ぎっちょんっ!!』台詞に惚れ込んで買ったはイイけど…。





きっと…もう作るコトはないだろうなぁ~(´∀`*)(←遠い目…)





という、不憫なキットなので…有効活用させてもらおうかな…と。









んで…よっこらっしょ!!っと。






05_BPack_003.jpg


ほらっ!!ファンネルコンテナでしょっ!!(´▽`)





しかも…うさ耳みたいでカワユスヽ(*´∀`)ノ




でも、そのままじゃ厚みが足りないので…。



05_BPack_004.jpg


ギャプランの前腕を切り刻んで…子持ちししゃもを製作っ!!



ついでに、プラ板や市販ダクトパーツも貼ったりしてやりました。








さて…肝心のファンネルは…。








やっぱ上面に穴開けて、ブチ込むしかねぇよな…。




おやっ?!…なんか、この羽ぢゃまだなぁ~!!…どうすっかなぁ…(´Д` )




…と、ある週末の接待で泥酔した頭で考えて…。




『 まっ!部屋の天井も回ってきたし…明日だな、明日っ!!』







と、寝たつもりだったんですがっ!!









05_BPack_006.jpg


翌朝…プラモ机の上みてビックリっ!!



ファンネルの飛行状態の羽が全てニッパーで切り離されてましたっ!!(# ゚Д゚)




しかも…切り口…めっちゃキタナイしっ!!Σ(゚д゚lll)




コレ…ホンマにニッパー使ったのかっ?!もしかして…手でちぎったのか?オレ?!






いやいや…そんな事より状況を把握しろ!オレっ!





ヤクト・ドーガって、ファンネルは飛行状態の羽が開いたヤツ収納状態の羽が閉じたヤツの2種類付いてるんですが…。


この大馬鹿者(←Fino)は…。


泥酔した状態で部屋に戻り…。


よりによって飛行状態のファンネルを手に…。


部屋の天井がグルグル回るよーな状態で…。


ファンネルの配置を考えてたみたいですΣ(゚д゚lll)







………






………………






………………………






………………………………
なかった事にしよう…(# ゚Д゚)








と、バラバラに切り離された飛行状態のファンネルは…ゴミ箱へ(´∀`*)





05_BPack_005.jpg

速攻で羽閉じたヤツをコンテナに収めてやりましたヽ(*´∀`)ノ





いや…朝起きてから、ここまでの早いコト…ものの一時間の出来事です。





己のミス…愚かさを無かった事にするトキ…人間って、すごい力を発揮しますね…てへっ(´∀`*)







つーことで…Finoの作った、シャア専用ヤクト・ドーガは…ファンネル飛びませんっ!!



固定ですっ!!固定っ!!…そらもう、瞬着でガッツリ固定ですわっ!!o(・`∀´・)






で…続きは次回っ!!



See u Again~~♪



テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

シャア専用 JAGD DOGA 製作記【02】

どーも、みなさん…おばんでやすっ!!


今日は一日外出(←仕事ですよ)…久しぶりにバンコク市内を電車で移動、いい気分転換になったFino(フィノ)です。




Finoは普段は会社の車を自分で運転して通勤してますから、あまり電車に乗る機会はないです。


まぁ…休みの日はもっぱら電車やタクシー移動なんですが、そもそもFinoは出不精なんで(;^_^A


それに…電車に乗って出掛けても、いつも行くトコは決まってるし。


で、今日は普段行かないトコに行ったんで新鮮でした(*^_^*)



帰宅してからはリフレッシュしたせいか、プラモ弄りも集中できて…たまに出掛けないとなぁ〜と、そんな事を思いながらのプラモ弄りでした。





さて…それでは先日に引き続き、シャア専用ヤクトの製作記です。


※2013年4月末~5月上旬※
※誤記訂正:日付が2014年になってるのをM&Kさんより指摘いただき、即効で訂正しました(´Д`)
 超恥ずかしい~っ!!(゜´Д`゜)


セイラ・マスオ氏のシャア専用ヤクト・ドーガに一目惚れ、敬意を込めてリスペクトさせていただき、製作開始したわけですが…。




前回までの改修は、スリッパを細身にしたり…足首関節を延長したり…と、あまりシャア専用っていう内容ではありませんでした。



で、その足首関節延長に伴い、足首周りがスカスカになってきたので…。


02_reg_007.jpg

こんな足首カバーを製作してやります。




しかし…足首周りが窮屈って関節延長して…スカスカになったってカバー製作って…(´Д`)



で…この足首カバーですが…。

02_reg_006.jpg

実は…サザビーの肩パーツで出来てます(´∀`)


オラサザビー改修で、肩に開閉式のカバーを作って不要になった肩上部のパーツです!


それを切り刻んで、プラ板付け足して…って、プラ板で一から作った方が楽だった気ガス…(´Д`)



まっ、取りあえずエコモデリングっつーことでヽ(*´∀`)ノ



お次は、脚部の上に行って…って、FionはMSに限らず、ロボットモノを作るトキは絶対に下から上に製作を進めますっ!



ほぼ100%、下から上に順番に進めますっ!o(・`∀´・)



その方が、下から積み上がってってテンション上がるんですっ!





取説の順番は…ほぼ無視ですね、いつも(´∀`)





で、脚部の上…膝です。



オリジナルのヤクトは膝が丸くて…どうにもFinoにはカッコ良く見えないッス。


一方、セイラ・マスオ氏の作例は膝にサザビー風の加飾がしてあってグッ!!です。


参考_001


が…この膝…なんかのスリッパを流用してるっぽいんですが…最終的に、なんのMSかワカランかったです(゜´Д`゜)





まぁ、わかったとしても…この膝だけのために、もう1機流用キットを買うのも資金的にツラいので…。


02_reg_008.jpg

プラ板で作ってしまいましょーヽ(*´∀`)ノ




ちなみに…下に転がってるのは…没になった試作零号機、初号機、弐号機です(´Д`)




で…これをベースに、更にプラ板工作を進めて…。


02_reg_009.jpg

最終的に、こんなカンジになりました(´∀`)


氏の作例とは、ちょっと形状が違うけど…Fino好みなのでオkです(*´∀`)




あっ…そうそう、足首カバー上面に貼ってるプラ板も大きく変更してます。


いや…この足首カバー、サザビーの肩パーツを真ん中で半分に切って幅詰めして使用してるんですが…。




接着面がなさすぎ、ペキペキ割れまくりやがるんで…補強も兼ねて大きいプラ板貼ってやりました(^_^;)






で…お次は、フロントスカートですね。


ここも氏の作例をガン見してみると…どうも、ヤクトのリヤスカートを流用してるっぽい…。


と、いうことは…ヤクトもう1機?…いや、そんな勿体無い事は出来んわ(´Д`)


03_Waist_001.jpg

つーことで、ここもプラ板工作です(´∀`)


まずは上半身も組んで全体バランス見ながらおおまかな形状出し。



そこから、またまたプラ板工作を進めて…。


03_Waist_002.jpg

こんなカンジに(´∀`)


ちょっと大きすぎた気もしますが…シャア専用機ならデカ過ぎな方が…ってことで(*´∀`)


03_Waist_003.jpg


裏側もプラ板でテケトーにディテっておきました。



Fionは昔しから1/100スケールをメインで製作してきてます。



サイズ感とか…飾ったトキの見栄えとか…1/100がちょうどイイんですよね(´∀`)



なんで…どうしても1/144スケールは息抜きっぽくなっちゃうんですよ(´Д`)







つか…押し寄せる年齢(←老眼)から1/144スケールのディテ追求は無理っ!!゚(゚´Д`゚)゚





と、いうことで…今回のシャア専用ヤクト、ディテはそこそこにしかやってねぇです(´∀`)







なにはともあれ(←話しを逸ら…以下略)、これで下半身は終了~~ヽ(*´∀`)ノ


お次は上半身です。









まずは…。



04_Body_001.jpg

キョロちゃん再びっ!!o(・`∀´・)


このキョロちゃんのクチバシは、今回生贄…もといっ!流用キットとなったギャプランTR-5の肩パーツです。


オリジナルの胸部パーツを切り刻み、TR-5の肩パーツを中央に配置…周りをプラ板工作で馴染ませます。






では、正面から全体を…。


04_Body_002.jpg

ん~っ!なかなかシャア専用っぽくなってきたヽ(*´∀`)ノ






お次は、肩周り…なんですが…。






それは、次回のお楽しみっ!!
(…って、楽しみにしてる人なんかいるの…かっ?!)





では、See u Again~~♪

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

シャア専用 JAGD DOGA 製作記【01】

みなさん、こんばんわっ!の、お疲れさんっ!です。


昨日投稿した、オラνガンの製作記【03】の反応が薄く…とっても凹んでるFino(フィノ)です。




やっぱ、超絶νガンをリスペクトしたFinoの悶絶νガンではねぇ~・゜・(ノД`)・゜・










さっ!気を取り直してっ!!次行くよっ!!(←立ち直り早っ!!)





話しは変わって…今週末の金曜日は会社の健康診断です。


その結果に受ける前からビビってて…いっそズル休みしようかな…とか、小学生の様な事を考えてる小心者です。



やっぱ…この歳になると、色々と出てくるワケですよ…(´д`)



特にFinoは甘党で…昔からプラモ弄りのお供は、UCC缶コーヒーでしたから(´∀`*)




最近は、メッキリ甘いものは控えてはいるんですが…やっぱ、コーヒーとタバコは手放せませんねヽ(*´∀`)ノ








で…製作記の方なんですが、オラサザビーが終了…オラνガンの製作記の合間に投稿する過去作品は何にしようかな?って話しですが…アンケートの結果…。






では、発表しますっ!!










デケデケデケデケデケ…(←太鼓の音だと思って下さい)











デケデケデケデケデケデケデケデケ…(←太鼓の音です)










デケデケデケデケデケデケデケデケデケデケ…(←しつこい様ですが太鼓です)










シャア専用 JAGD・DOGA(ヤクト・ドーガ)ですっ!!ヽ(*´∀`)ノ






……つか、勿体付けなくてもタイトルでわかりますよねヽ(*´∀`)ノ





え~っ…このヤクト・ドーガは、オラサザビー製作中に色々とWebを徘徊してる時に出会った作例が元になってます。



一目でソレとわかっちゃうと思うんですが、そう…セイラ・マスオ氏の作品のオマージュです。


Msuo Jagd
(※Webより拝借しました)

これなんですが…もう、一目惚れでしたヽ(*´∀`)ノ


『 なにコレ?!…これがヤクト・ドーガ?!!…超カッコイイ~っ!!オラもコレ欲っすい~っ!!』


と、なってしまいました。



で、オラサザビーの製作中にも悶々とし続け、シャア専用ヤクト・ドーガ欲っすい病は悪化する一方で…とうとうオラサザビーの妄想にも登場する始末です。




これは、シャア専用ヤクト・ドーガ欲っすい病を完治させるには…作るしかねぇっ!!



と、いう事で…総務部長にご足労頂き(←いつもアザッス(´∀`*))オラサザビーを中断してまで製作に踏み切ったという流れでした(´д`)





あっ!始めに断っておきますが…今からの製作記の改修方法は、あくまでFinoの製作したシャア専用ヤクト・ドーガはこんなふうにして作ったよ!という内容です。


セイラ・マスオ氏の作品を参考にしてますが、セイラ・マスオ氏の作品の改修方法を語るなんて恐れ多い事はするつもりもありませんし、ましてこれからの製作記の内容をまるでFinoが考案したなんて言うつもりも更々ありません。


氏の作品に感動し、感銘を受け、氏の作品を参考にさせていただき尊敬の念を置きながらオマージュさせてもらった内容です。


書くまでもないと思いますが、始めにあのシャア専用ヤクト・ドーガを生み出した氏のアイデアと技量・発想力に敬意を込めて製作させてもらいました。



Finoの文章は、どこかオチャラけた文章になってしまいがちなので、最初に堅苦しいかな…と思いましたが書かせてもらいました。





では、早速…(って、前口上長げぇよっ!)製作記いってみましょー!!



※2013年4月下旬※


オラサザビーがサフェまで完了した時点で、塗装を一緒にやる!と、いうこじつけいやさ!、理由で一旦中断し、封印していたヤクト・ドーガに着手。


即効で仮組みを…。

00_Normal_001.jpg


ん~っ!やっぱ、ヘタなMGよりHGUCシリーズは出来がイイ気ガス(´∀`*)


全体のスタイルは、純粋にヤクト・ドーガとして見ると、なかなかのバランスではないでしょーか。




がっ!しかしっ!!


今回、目指すのはシャア専用ヤクト・ドーガ…セイラ・マスオ氏の作品をリスペクトしたモノです!!



Webで拾った写真をPCのモニターに穴が開くほど眺め、どうやってこのシャア専用 ヤクト・ドーガが構成されてるのかを思案しますo(・`∀´・)



で…このヤクトは、もうひとつ…あるプラモが重要なカギになってるという結論に。



そのプラモつーのが…。

00_Normal_003.jpg

このギャプランくんです。


でも…ただのギャプランくんではなく、電撃ホビーに連載されてた『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場してくる【TR-5フライルー】という機体です。



シャア専用ヤクト・ドーガには、この【TR-5 フライルー】が大きなカギとなってるようです。




…つーことで、コイツもヤクトと一緒に総務部長ハンドキャリーです(´∀`*)



まっ…この【TR-5 フライルー】を使用するのは、まだ先なんですがね(´д`)




まずは…

00_Normal_002.jpg

このつま先をなんとかしましょーか。


つーのも…このヤクトのつま先は、元々どーにも好みじゃありません。


まるで魔女っ子の靴みたいで…(´д`)


01_sole_001.jpg

つーことで、ツマ先を上下逆にしちゃいます。


ついでにつま先全体が幅広く感じたので、グレーの部分をシリンダーっぽいトコでカットして3分割。

幅ツメをして再接着してやりました。


01_sole_003.jpg

どんだけ幅ツメしたかは、写真の青丸印のトコを比較してみて下さい。

左右で計≒2.0強ってトコですかね…。


赤いパーツはプラの肉厚ギリギリまでペーパーがけをして幅をツメてますが、裏が透けて見えてきたので裏打ち補強してます。


多分、赤いパーツもプラの肉厚 片側≒1.0㎜×左右で≒2.0㎜ぐらい幅ツメしてます。



で、上下逆にしたつま先ですが…上面に丸モールドが来て、タコの吸盤みたいだったので…。

01_sole_002.jpg

プラ版貼って塞いでしまいました(´∀`*)


01_sole_004.jpg

で、足首関節なんですが、前面にあるタルい丸モールドは合わせ目消しの邪魔にもなるので削除!市販パーツに置き換えました。


がっ!しかし…このフレームに使用されてる材質…クニュクニュしてプラ用接着剤では溶けまへん(´д`)

久しぶりにHGUCに手を出しましたが、こんなモンなんですか?最近のプラモって…?


02_reg_001.jpg

続いて脚部フレームなんですが、ココって膝関節が挟み込み接着になってます。

普通に作るなら目立つトコじゃないんで気にならないんですが…。


02_reg_002.jpg

ここは、片側をカットして後嵌め工作しておきます。


つーのも…。

02_reg_003.jpg

脚部フレームで足首を延長したかったんで、先に接着する必要があったんです(´∀`*)



02_reg_003-1.jpg

ついでに、膝関節の肉抜きも埋めてしまいましょーね。


で…この延長工作の効果のほどは…。

02_reg_004.jpg

02_reg_005.jpg

こんなカンジで、足首周りの窮屈さが改善されたんではないかと…。






と…こんなカンジで始まりましたシャア専用ヤクト・ドーガ製作記…。



ここまでは、あまりシャア専用って内容の改修じゃないんですが…。



次回からは徐々にシャア専用っぽい内容になっていきます。




それでは、また次回っ!!




See u soon~~♪

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ν GUNDAM ver.オラ 製作記【03】

みなさん、こんばんわっ!!



今日は、週明けの月曜日…一日元気に過ごせましたか?


Fino(フィノ)は寝不足で一日ヘロヘロでした(# ゚Д゚)




…と、いうのも昨日はタイのロイクラトンというイベントの日。
(…日本風に言うと灯篭流しってやつです)





川や海などに灯篭を流し、水の精霊に豊作の感謝、一年の罪や汚れを洗い流すという意味があるらしいです。



Finoのアパートの前でも…。

LKTN_001.jpg

って、水溜まってて洗い流せてねぇしなっ!!


しかも…アパートの前に一年の罪を流さんでくれっ!!







つーことで…Finoはちゃんとロイクラトンのイベントやってるトコに行ってきました。



今年はアジアティーク・ザ・リバーフロントってトコがイベント会場の様です。








がっ!しかしっ!!タイに駐在になって7年目ですが、過去最大の超渋滞っ!!




20:00前に出掛けて…到着したのは23:00過ぎ(# ゚Д゚)


通常一時間もかからんで行けるのに、3時間超っ!!





で、なんとか会場に到着して無事、灯篭と共に一年の罪を流してきましたヽ(*´∀`)ノ


LKTN_002.jpg

写真のヤツが、タイの灯篭ですね(*゚▽゚*)




日本の様に情緒あふれるってカンジではないですが…(´▽`)



んで、アパートに帰還したのは25:30…昨日は休みなのに早朝からプラモ弄りしてたし、土曜日も深夜までプラモ弄りしてたんで、今日は完全に寝不足でした(゜д゜)



まぁ…その甲斐あって、オラνガンもブログに投稿できるトコまで進んだというワケですねヽ(´▽`)/





つーことで、今日はオラνガンの製作記ですヽ(*´∀`)ノ



※2013年11初旬~中旬※

急遽、背中の白いパーツの鋏み込み接着でクレオスの白を補給…無事胴体に着手できるよーになりました!




ところで…このνガンって、胴体にLEDユニットを組み込めばメインカメラを光らす事ができるよーですね。




光らせてみてーな…でも、タイでは売ってないだろーし…今から注文してたらいつになるか…(゜´Д`゜)








…んっ?!






LEDユニット…?!







確か…





Body_000.jpg

と、飾り棚にあったEXIA R2のGNドライブからLEDユニットを拝借っ!ヽ(´▽`)/



MGのEXIAをR2に改修製作したトキにタイで入手したキットは、特装仕様のLED付きしか店に置いてなくて、それを買ったのを思い出しました。






とは言うものの、今回のオラνガン…LEDユニットをブチ込むかはまだ決めてない…つーか、頭部改修のトキに最終決定つーことで(`・∀・´)



光らせてはみたいんですが…問題はどの程度周りから光が漏れるか…ですね。


やっぱ…光るなら目だけにしてほしーぢゃないですか(´Д`)




まぁ…EXIAも一回光らせたダケで、その後は全く役に立ってなかったしね、LEDユニット(´∀`)



取りあえずは…確保っ!!ですo(・`∀´・)




おっと…また話しがいらん方向に…では、話しを戻しまして…。



胴体、まず最初に手を付けたのは…



Body_007.jpg

腹部の延長です。


他の公開されてる作例…超絶作品を参考に、5.0㎜延長としました。



しかし…5.0㎜って(´Д`)



最初に、5.0㎜も延長した勇者に敬意を表しますわ(*゚▽゚*)



だって…通常、思いつかないっしょ! 1/100スケールで5.0㎜って…ね(´∀`)




Body_006.jpg

で…腰と接続するボールジョイントですが…ここは強度が必要なトコなので、軸接着ではなく面接着となるようにしてます。



ちなみに…5.0㎜の延長ブロックですが、外装を下から嵌めるガイドミゾに干渉しないギリの大きさとしてます。

四角にしたのは延長するボールジョイントの中心位置が出しやすいように…です。



Body_007-1.jpg


で…腹部の延長に合わせて、腹部外装も延長したり…。


コクピットハッチも延長したり…。


胸部中央を大型化したり…。


ちなみに…胸部中央は前方へ≒3.0㎜、側面へ≒1.0㎜(左右で計2.0㎜)、上面へ最大≒2.0㎜大型化してます。

※上面は先端で≒2.0㎜で手前側は1.0㎜弱、斜めにプラ板を貼ってます…つーか、プラ板貼った後にペーパーでゴリゴリ好みの形状になるまでヤスってますので、残りのプラ板の厚みは前面も側面も一定じゃねぇッスけど(´∀`)






で…ここからFinoは大きな壁にブチ当たってました。




…と、いうのも…このνガンって、あまりにも超絶な作品が多すぎるんです。




それらに引っ張られて、影響受けまくりで…どうにも上手く『 オラ 』を表現出来なくて…(´Д`)




で…なんとか、こんなカンジとなりました。

Body_004.jpg

サフェ前の画像ですが…ついでに、もう一枚…。

Body_007-2.jpg



サフェ前の画像では良くワカンナイと思いますので、サフェ画像を。

Body_001.jpg


Body_002.jpg

と…まぁ、正直…影響を受けまくりです。



リンク頂いてる、shunneige【シュンネイジュ】さんの超有名な超絶νガンとか…。

同じくリンク頂いてる、M&Kさんのヤフオクで凄い事になってた超絶νガンとか…。


お二方の超絶なνガンに引っ張られながら…敬意を込めてリスペクトさせてもらいました。


いちおー

※胸部両サイドは中央ブロックの幅増しに伴い、1.0㎜外側へ移動

※上記に伴い、胸部ダクトも1.0㎜外側へ移動

※襟から肩のトコにはカトキRX-78の様なダクト追加

※胸部中央部、襟のトコはプラ板製のゴチャメカ配置

※その他、プラ板やスジ彫りでディテ追加

とかやってます。



お二方の作品が超絶νガンだとしたら…




Finoは悶絶νガンということで…。





文字通り…悶絶しながら弄ってました。





Body_003.jpg


そうそう…写真の赤矢印のトコには、もう一枚外装パーツがあったんですが…コクピットハッチ部の延長に伴いオミットし、内部フレームが露出してるコトにしちゃっいました。


で、ここにはエバグリプラ板でダクトっぽいヤツを製作、シルバーで塗装してます。




で…肩関節基部ですが、

Body_005.jpg

写真の様に巨大な肉抜き(?)があったので、市販パーツでディテ追加。

Body_005-1.jpg

ゴールドで塗り分けてやりました。




…がっ!しかしっ!!



Body_009.jpg

組み付けたら…全く見えんというっ!!(´Д`)


と、いうことで…ココはそのままに、何もしないのがベスト!!です!!


無駄に市販パーツの在庫が減っただけでした・゜・(ノД`)・゜・



そうそう…胸部中央の開閉ですが、

Body_008.jpg

こんなカンジに残してます。


あっ!中央のゴチャメカの真ん中にあるシリンダーは0.9㎜の真鍮パイプにプライマー塗布後、白サフェ塗って、他のシリンダー同様サザビー調色レッドで塗装してあります。

Body_008-1.jpg



えっ?!その先のシリンダーシャフトは?…って?




これは…

Body_010.jpg

瞬着付属の…マチ針です(´∀`)



タイのセブンイレブンで普通に売ってる瞬着ですが、粘度といい実に使い易いですヽ(・∀・)ノ







ところで…サフェ後の写真をよく見ると…白い点々があるんですが…。







これは…真鍮パイプに白サフェ塗ってるトキ、缶白サフェから『 バビュッ!! 』って飛び散ったヤツです…(゜´Д`゜)









と、まぁ…超絶νガンに引っ張られ、リスペクトさせていただいた悶絶νガンもようやく長いトンネルを抜けたっちゅー気分です(´∀`)



製作記も【01】から【02】、【03】とちょうど2週に一回…Finoとしては信じらんない速さで進捗してます。




普通は、こんなスピードでプラモ弄りが進む事ってなかったんですが…ね。



Finoがいままでブログやってなかった理由のひとつに、ブログのためのプラモ弄りになっちゃいそう…というのがありました。



全然納得いってないのにブログ更新のために先を急いだり…。



自分は好きじゃないキットをブログ受けを狙って選択したり…。




Finoは基本、自分の好きなモノを好きな様に作るタイプです。



つーか、そうじゃないと苦痛に感じちゃいます。



自分の好きな趣味が苦痛に感じるのほどもったいないモノはないッスよね(´Д`)





つーことで、これからもブログのためのプラモ弄りにならない様、ボチボチと進めていきます。


突然間が空いても生暖かい目で見守ってちょーだいね(´∀`)




では、また次回っ!!



次回は、例の過去作品 製作記スタートです!!



See u next time~~♪

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

SAZABY(サザビー) 製作記【Final】

みなさん、こんばんわっ!!


前回、完成写真を…と、言っておきながら妄想ストーリーで終わってしまった、公約違反のFino(フィノ)です(´∀`*)


今日は金曜日…週末の夜、みなさんどんな風にお過ごしでしょうか?


Finoは明日も出勤日…土曜日は隔週で休みなんで、今週は出勤…全く週末って気がしねぇーです(゜´Д`゜)



さて…そういば、今日気が付いたんですが…








このブログ…始めてから…









1ヶ月過ぎてましたっ!!




本当は、丁度1ヶ月目には『 祝っ!1ヶ月っ!!ドンッドンッ♪パフパフ~♪ 』とかやりたかったのにぃ~。゚(゚´Д`゚)゚。



11月11日でちょうど1ヶ月…今日はもう15日…旬は過ぎてしまった…・゜・(ノД`)・゜・








で、丁度1ヶ月目の11月11日には何を…。










体調不良でヘバってたという…。








ん~っ!まさに、Finoクオリティっ!!ヽ(*´∀`)ノ





そういえば…訪問してくれてる方が居るのかどうか…1ヶ月くらい様子を見てアクセスカウンター付けるか決めようとか言ってたような…(´д`)



まっ、気が向いたらそのうち…。








本当は…ヘタにカウンターつけたはいいが…全く訪問者が居ないのがわかるのが怖いヘタレです(´∀`*)







さて、なにはともあれ(話しを逸らすときに…以下略)…完成写真です。



Final_001.jpg

Final_002.jpg


まずは、モデラーズギャラリーに投稿した2枚…コレはタイトル付きのフロントビューとリヤビューですね。



Final_003.jpg

続いて…Finoの大好物っ!MSの俯瞰ビューですヽ(*´∀`)ノ

理由は自分でもワカンナイんですが…Finoは、このMSの俯瞰ビュー萌えッス!!



Final_006.jpg

ふつーの胸部アップ…我ながら胸部はサザビーつーよりカトガンみてーだ(´д`)

まっ、好みつーか狙い通りなんッスけどヽ(・∀・)ノ



そうそう、額のカメラのトコは透明の塩ビ…つか、ブリスターパックの切れ端でレンズを作成、ラメテープを貼ってます。



…ちなみに、ブリスターパックはダイソーで買ったナンカです(←忘れました)(´∀`*)



Final_004.jpg

バックパックのアップ。

ちなみに…バックパックのバーニアは特に最終決戦仕様というワケではありません。

やっぱ…総帥専用のMSは、これぐらいバーニアがデカくないと…ねヽ(・∀・)ノ



Final_005.jpg

真正面から…。

Finoはあんま、この真正面ビューは萌えねぇーんッスけど…(´д`)

まっ、記念つーことで(´∀`*)




ちなみに…シンメチェックは厳禁ですっ!!o(・`∀´・)


Final_007.jpg

で…コレが完成写真の中で、Finoの一番お気に入りの写真。

シールドを手で立て掛けてる…なんか偉そうで総帥専用っ!!って、カンジしませんか?(´∀`*)



Final_008.jpg

最後は、MSの写真では割と珍しい(?)全体の俯瞰ビューです。



さて、これにてオラサザビーも完成写真は終了ですっ!!






で…このオラサザビーですが、モデラーズギャラリーに初投稿してみました。


公の場に自分の作品を晒すのは、高校生の頃に田舎のプラモ屋コンテストに出した以来…。




全国規模で晒すのは初めてだったんで、めっちゃビビリながらの投稿でした(´д`)



自分の作品が、みなさんの目から見てどんな風に映るのか…受け入れてもらえるのか…とか、不安で一杯でした(゜´Д`゜)




ですが…投稿してみると、あれよあれよ言う間に票が入って…翌日には週間ランキングにランクインっ!!





最終的には…

MDGL_001.jpg

見事っ!週間1位っ!!




月間ランキングは…

MDGL_002.jpg

堂々の3位っ!!



自分でもビックリでしたっ!!


で…なによりも嬉しかったのは、いままでブログを拝見してて『 凄ぇなぁ~!!』『 いや、真似できんわっ!!』と思ってった業界の重鎮・猛者の方々からの沢山のコメント(´∀`*)



マジ…4十ン歳にして目頭が熱くなって…。









スミマセン、嘘つきました…マジ泣きしてました。゚(゚´Д`゚)゚。




だって…ただ好きだ!という理由で続けてきたプラモ弄りという自分の趣味が、これだけ沢山の方から投票してもらい、暖かいコメント頂いて…。





一時は、タイの洪水や珍客の居候で気持ちが萎えて…本当に自分でも完成しないかなぁ~と思ってました。


当時、日記をPDFで送ってた友人からは『 星になったサザビー☆彡 』とか言われて…(´д`)




でも、このサザビー完成させて本当に良かった勇気を出してモデギャラに投稿して良かった!




プラモ弄り続けてて本当に良かったと思いました。



最後に…モデギャラで応援してくださったみなさん、この場を借りて本当にありがとうございました。



おかげで、色んなモノをもらいました!!




勇気とか自信とか…それで始めたのが、このブログです。




これからもプラモ弄りは続けて行くと思います。


引き続き、宜しくお願いします…です!



では、また次回…See u next Time~~♪

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

SAZABY(サザビー) 製作記【Final…かな?】

みなさん、こんばんわ!のお疲れさんっ!!


昨日は久しぶりに日本ラーメン食べましたヽ(*´∀`)ノ

美味しかったのはイイんですが…ラーメン+ライス+餃子+ビールで日本円で≒2,000円(# ゚Д゚)


ちょっと贅沢しすぎたかな…と反省してますFino(フィノ)です。



最近また雨が多くなってきて…コレが終わるといよいよタイは乾季っ!


朝晩も涼しくなってきて、寝るときもエアコン要らず…とっても快適な季節ですね。


出来れば、これから2月ぐらいまでの乾季の時期に、今製作中のオラνガンの塗装ができればなぁ~(´д`)

まぁ…年末年始の休み、9連休あるんッスけど…今のトコ、全く予定ナッスィング(´д`)



日本には年一回ぐらいは帰ってるんですが…冬は荷物が増えるんで極力避けてます。


だっていつも…行きは殆ど空のスーツケースが、帰りはプラモグッズでパンパンですからヽ(*´∀`)ノ


サザビーに使ってるメタルパーツや市販モールドパーツ類も、一時帰国の際にハンドキャリーで持ち込んだモノです。


と…先日ブログに登場した、娘さんが塗装持ち手のお手伝いをしてくれた友人…彼にも日本帰国の際は色んなモノを頼んでハンドキャリーしてもらいました。



彼の協力無しでは、このオラサザビーの完成もなかったでしょうヽ(・∀・)ノ




で…そのオラサザビーですが…自分の誕生日に合わせて完成し、後は今回の完成写真をもって終了です。





がっ!しかしっ!!その前にっ!!



今回、MGサザビーをオラサザビーに製作していったワケですが…Finoは、プラモ弄りで改修するトキ、いつも色んな妄想をしながら弄るという癖があります。



例えば…ファンネルコンテナのバーニア追加とか、あれは最終決戦前に急遽改修が入れられたモノで、その後サザビーは撃墜され、オフィシャル設定には記録が残ってない…とか。




そんなコトをモンモンと妄想してたモノを『 妄想ストーリー 』として文章にしてます。


モデラーズギャラリーに投稿し暫らくしてからですが、PdfファイルをYahooボックスに置いてURLを追記もしてました。


それを、このブログで再掲載しようと思います。



やっぱ…この『 妄想ストーリー 』ありきのオラサザビーなんで(′▽`)



長いんで…興味がない方、すでにPdf版を読んだ方(いるのかっ?!)は、読み飛ばして下さい。゚(゚´Д`゚)゚。



それでは…暫し、Finoの妄想にお付き合い下さいヽ(*´∀`)ノ







●妄想ストーリー




-第1章-



時は宇宙世紀0093年


シャア・アズナブルを総帥とするネオ・ジオン軍がスィート・ウォーターを占拠、地球連邦に対し宣戦布告。


小惑星5thルナをチベットのラサに落下させる事に成功した直後の事である。


青いカスタムカラーのギラドーガを駆るレズン・シュナイダーをして『 援護の艦隊か?』と言わせた一筋の閃光を放った連邦の新型MS、後に【宇宙世紀最強の機体】と語られるνガンダムの初戦はネオ・ジオンの誰もが脅威を持って受け止めざるをえなかった。






スィート・ウォーターにあるネオ・ジオン軍のMS整備開発室…その一室で開発主任技師 リオ・マリーニは、その小さい瞳で目の前のモニターを見つめ驚愕していた。



モニターには先ほどのνガンダムの初戦が写し出され、νガンダムに覆い被さる様に数字の羅列が次々と表示されている。



彼はモニターの隣にあるキーボードを叩き、繰り返し表示される数字の羅列を見ながら呟やく。



『いまのままでは…大佐は勝てない…いや、サザビーはガンダムに勝てない…』



すでにモニターを凝視しながら、何度も何度もパラメーターを打ち直しシュミレーションを始めすでに6時間が経過していた。



しかし、いくらモニターから推測されるνガンダムのパラメーターを低く見積もっても、弾き出される結果は80%以上の確率でサザビーの敗北という数字であった。




『んっ?!』

突然、彼は再生される映像を巻き戻し超スローで再生し始めた。


『胴体だけじゃなく…腕や足も発光してるのか…?』



確かに、一瞬ではあるがモニターに映し出されるνガンダムの腕や脚部の装甲のスキマが所々発光している様に見えなくもない。


だがそれは、だた周辺の爆発や光が反射しているだけにしか見えない程度のものである。



しかし、一年戦争終了後、ハマーン・カーン率いるネオ・ジオンでキュベレイの開発に携わり、以降数々のニュータイプ専用機に関わってきた彼は爆発の反射などではない事を確信していた。




彼は一年戦争時のア・バオア・クー最終決戦時はジオングの整備兵であった。



シャア大佐がキシリアにジオングでの出撃を命じられた際、未完成のジオングに不安をこぼす大佐に向い

『 80%?冗談じゃありません。現状でジオングの性能は100%出せます。』


if story_001



更に、足がついていない事に触れたシャアに対して

『あんなの飾りです!偉い人にはそれがわらんのですよ。』と言ってのけた、あの整備兵である。



ア・バオア・クーでの最終決戦を生き延びた彼は、その後ハマーン・カーン率いるネオ・ジオンの整備士となり、ジオングというニュータイプ専用MSの整備を担当していたという経緯からキュベレイの開発に携わることとなったのである。


その折に彼は、一年戦争の最終決戦で自分が整備担当していたジオングに乗り込んだシャア大佐がキャスバル・レム・ダイクン…スペースノイドとして苦渋を飲んできた者達に一筋の光明を与えてくれた、今は亡きジオン・ズム・ダイクンの忘れ形見である事を始めて知ったのである。


それを知った彼はシャア大佐への暴言を悔やみ、いつかは自分の開発したMSでシャア大佐がガンダムを打ち負し、そのことで一年戦争時の無礼を詫びたい。

そう思いながら数々のニュータイプ専用MS開発に携わってきたのである。



しかし、そんな彼の思いとは裏腹に新生ネオ・ジオンは、ギラ・ドーガからヤクト・ドーガ、そしてその後の総帥専用MSとしてのサザビー…と、主力MSの開発をアナハイム・エレクトロニクス社に委託として外注発注してしまったのであった。




彼はモニターに写るνガンダムの発光部を最大まで拡大ズームし、それを睨み付ける様に呟いた。


『この新型ガンダムには…サイコフレームがコクピット周りだけじゃなく…四肢にも埋め込まれているのか…。』



しばしの間何かを考え込む様に宙を見ていた彼は、徐々に眉間にしわを寄せながら呟く。

『…そういう事か…アナハイムのハイエナどもめっ!!戦力差を無くし戦争を長引かせ利益を得、最終的には正式発注されてる連邦が…ガンダムが勝利というシナリオかっ!!』



彼の推測は正しかった…アナハイム・エレクトロニクスにとって、所詮ネオ・ジオンのMS開発は外注として受注・開発したMSでしかなかったのだ。


アナハイムとしてはオフィシャル開発している連邦、しかもガンダムの勝利でこの戦争が終わってもらわねば都合が悪いのである。




『やつらの思い通りにさせてたまるかっ!!』


目の前の机を蹴り飛ばし、彼は一人きりの開発室でありったけの声で叫んだ。











-第2章-




遡ること6ヶ月前、U.C.0092 10月。

占拠したスウィート・ウォーターへ1隻の補給艦が到着した。


ネオ・ジオンの開発主任技師 リオ・マリーニは複雑な心境で今日という日を迎えていた。




補給艦にはアナハイムより納品される2機のサイコミュ試験MS、ヤクト・ドーガが積載されている。


1機はギュネイ・ガス准尉が搭乗する青いヤクト・ドーガ。


これには彼は全く興味がなかった…もともと前身であるギラ・ドーガをベースにサイコミュ搭載を中心に改修を加えた機体で、彼にはそのスペックが容易に推測できたからである。



彼の興味はもう1機のヤクト・ドーガ、シャア大佐専用機として開発された真紅の機体の方にあった。



ヤクト・ドーガのスペックが容易に想像出来る彼にとっては、シャア大佐専用機としてヤクト・ドーガにどれほどのスペックの上積みがされてるのか…本来であれば、自分自ら大佐の専用機を開発したい彼にとっては、今すぐにでも全部バラバラにして確認したい心境であったに違いない。


リオ・マリーニ主任技師は荷下ろしされた真紅のMSを眺めながら

『外観上では専用機らしく偽装されてはいるが…。』と値踏みをする様に見ていた。

if story_002


『主任、整備の必要はないな?いまから慣らしを兼ねてテストに出る。』

後ろからの声に振り向くと、そこには真紅のMSを見上げるように眺めるシャア大佐の姿があった。



『ハッ!整備済みで納品されております。ですが、我々の整備ではありませんので保障はしかねます。』


『はっきり言う…気に入らんな。』


『どうも…。気休めかもしれませんが、大佐ならうまくやれますよ。』


『んっ?どこかで聞いたような…』と呟く大佐の言葉に被せる様にリオ・マリーニ主任技師は叫ぶ…


『ヤクト・ドーガ 大佐専用機出るぞっ!!』

if story_003



彼はこの時点ではまだ、自分が一年戦争時にジオングの整備士であった事を大佐に言えずにいた。


その話しをする時は大佐に、一年戦争時の無礼を詫びる時…自分が開発したMSを大佐に引き渡す時と決めていたのだ。


それをこんな外注先から納品されたMSの前で打ち明ける訳にはいかないのである。


出来れば、大佐のおめがねにかなって欲しくない…そんな心境で発進を見送る彼であった。





ほどなくして…シャア大佐が慣らしを兼ねたテストより戻ってきた。


コクピットから出た大佐は、彼の思惑通り浮かない顔でタラップを降り彼に近づいてくる。



『主任、目一杯出力を上げてくれないか…サイコミュの調整も私専用に調整を頼む。』


『ハッ!お任せ下さい。』




たとえ外注で製造されたMSでも、せめて自分の手が入った方が…そんな一心からでた言葉である。

if story_004



それから彼は大佐専用ヤクト・ドーガの調整に明け暮れた。



主任技師でありながら他のスタッフを寄せ付けず、自らの手でバラして組んで…を繰り返し文字通りシャア専用MSにふさわしい機体に仕立て上げたのだ。


その結果、シャア専用ヤクト・ドーガはスウィート・ウォーター占拠時には目まぐるしい戦果をあげる事となったのである。




が、しかし…所詮、量産MSのギラ・ドーガをベースにした機体である。


シャア大佐の要求するスペックを満たすことはなく、すでに水面下では本当の意味でのシャア大佐専用機…いや、総帥専用機として次機のMSもアナハイムに発注されていた。


それが、U.C.0093 2月の終わりにアナハイムより納品された MSN-04 サザビーである。




一方、シャア専用ヤクト・ドーガはパーツ単位にバラされ、ギュネイのヤクト・ドーガ用スペアパーツとなる予定であった。



それが…シャア大佐がニュータイプとしての資質を見い出し、サイド1のロンデニオンから連れて戻ったクェス・パラヤという少女に引き継がれる事となったのである。




ただし…外装は通常のものに戻され、スペックもギュネイガスのヤクト・ドーガ同様レベルに戻されて。










-第3章-



U.C.0093 3月5日



リオ・マリーニ主任技師は心底あせっていた。



大佐がロンデニオンの和平交渉から戻るまでのわずかな時間しかサザビーの改修時間がないからである。


明日は和平交渉の日…もう数日しか残されていないのだ。




彼は寝る間を惜しみサザビーの改修に明け暮れた。


ヤクト・ドーガを大佐専用に調整した時とは比べ物ならないぐらいの入れ込み様であった。




彼がそこまで改修に入れ込み、焦っていたのには『時間』以外に深刻な問題があったからである。


それは…『物資不足』であった。



もともとサイコフレーム自体、つい最近開発された材質で余剰分などネオ・ジオンへは支給されていなかったのである。


νガンダムに対抗するには、サザビーのコクピット周り以外にもサイコフレームを実装し、より周囲の状況を直接パイロットへ伝達、それに反応したパイロットの脳波を駆動系へダイレクトに伝える必要があったのだ。




しかし、そのサイコフレームそのものがないのである。



アナハイムへサイコフレームの追加支給を申請はしてみたが『使用目的』や『追加申請の理由』等々、あきらかにわかりきっている条文を付け加えなくてはならず、ネオ・ジオンによるサザビーのスペックアップを阻もうとしているのが見え々の反応であったのだ。


※余談ではあるが、旧ジオン軍出身でアナハイム勤務の彼の知人からの情報では、ある財閥筋からも大量のサイコフレーム確保のオファーが来ており、それについては破格の金額が提示されているらしいことも理由のひとつであったらしい※




そこで彼は、サザビーの肩や脚部装甲に埋め込まれているセンサー(ビード状の形状)をバオセンサーへと昇華させる事を思いついた。

if story_005


バイオセンサー自体はグリプス戦役の折りに活躍したZガンダムに実装されていた技術である。


Zガンダムのパイロットを務めたカミーユ・ビダンという少年パイロットのアイディアをアナハイムが現実化したものであるが、これならばまだ手に入る。



彼は肩部・脚部のセンサーをバイオセンサー(彼はアナハイムのこの呼び名を嫌い『サイコセンサー』と呼称していたが…)への換装を急いだ。


また、バイオセンサーにより強化された周囲の状況をパイロットへ伝え、それをまた駆動系へフィードバックする際のバッファ装置も必要となり、両肩上部へと実装された。

if story_006


ただ、大量の発熱を伴うためバイオセンサーが最大に稼働した際には装甲上部が開閉し、大量の熱が粒子を伴って排出される。



また、彼は強化された機体の動きに追従できる様、出力の向上も同時に強化していった。

if story_007


各バーニアは大型化され、背中のファンネルコンテナにもバーニアを追加。

if story_008


そのため熱核エンジンが格納されているテールスタビレーターは大型化されプロペラントタンクも大型化された。

if story_009


またビームライフルも強化、汎用のカートリッジが追加され、超ロングレンジ射撃用のセンサーも追加された。

if story_010



『明日は大佐がロンデニオンから戻られる日…間に合わせてみせる!』


彼は自分で自分に言い聞かせるように呟くと、額の汗を拭い作業を続けるのであった。




その片隅では、パーツ取り用に解体される予定の真紅のヤクト・ドーガが佇んでいる。

if story_011


マリーニ主任技師はヤクト・ドーガの解体には手をつけずサザビーの改修に明け暮れていたのである。





…その事が、翌日には新しいパイロット、しかも幼い少女とめぐり合う運命へと導くこととなる。












-第4章-



U.C.0093 3月12日




ネオ・ジオンのアクシズ地球落下作戦の決行日である。



和平交渉が成立したと思い込んでいる連邦向けに偽装した艦隊を投降すると見せかけ、本隊はアクシズに向け、すでに艦隊を進行中であった。



いち早く偽りの和平に気が付いたロンドベルが、アクシズに向け急行中であるとの知らせを受けたシャア大佐もサザビーで出撃すべくデッキへ向かっていた。




『んっ…?』

シャアはコクピットへ向かうタラップからサザビーを眺めその違和感に思わず声を漏らした。


『大佐!』後ろから声を掛けられ、シャアはタラップの手すりに手をかけ、無重力のMSデッキで器用に身を翻す。



そこには敬礼をしシャア大佐を見つめるリオ・マリーニ主任技師が立っている。


『君か…サザビーが変わってる様に見えるが…』


『ハイッ!僭越かと思いましたが、自分の独断で改修を施させていただきました。』


『ほう…、いまの私ではガンダムには勝てないと?』


『いえ、大佐が勝てないのではありません。ガンダムがサザビーを上回っていたのです。』


『君は、はっきりとものを言うタイプだな…気に入らん…んっ?もしや…』


『はいっ、一年戦争の折にはジオングの整備兵をしておりました。』


『やはりな…その物言いには覚えがある。』


『その節は、大変無礼な事を…申し訳ありませんでした。』


『かまわんよ…昔の事だ。で、その君がなぜサザビーを?』


『ガンダムのサイコフレームはコクピット周りだけではありません。以前のサザビーのままではガンダムに勝てません。これは大佐の能力の問題ではないのです。』


『やはりな…(敵に塩を送ったつもりがアダとなったか…)』


『ただ、大佐にテスト稼働の時間を持ってもらう事が出来ずに…申し訳ありません!』


そう言うと、彼は下ろしていた手を再び敬礼しシャア大佐を見つめるのであった。


『かまわんよ…ジオングの時もテストなどしていないだろう?…どうやら君とはそういう巡り合わせのようだな、私は。』


そういうと、シャア大佐は始めて彼に対して口元を緩めて見せるのであった。


『で、このサザビー…脚部のバーニアも強化されたモノに換装されている様だが…今でもMSの足は飾りだと思うかね?』


それを聞いたリオ・マリーニ主任技師も口元を緩め


『まんざら飾りでもないですね。』と親指を立てて答えるのであった。





シャアは嬉しかった。


一年戦争で一言二言ではあったが、言葉を交わした相手とまたこうして会えたということ。


それもどちらも最終決戦という緊迫した状況で。


その相手が自分を慕い…彼の疲れきった表情からどれだけ心血を注いでサザビーを改修してくれたかがシャア大佐には充分すぎるほど伝わっていたのである。


シャアにもここに来て一年戦争時の彼のセリフが、心底ジオングというMSに自信を持っていた証から出た言葉であったと理解できたのである。






サザビーの特徴的な頭頂部コクピットに収まったシャア・アズナブルは呟く…。


『負けるワケにはいかないな…。』


『大佐、何かおっしゃいましたか?』モニター越しのナナイ大尉が問う。


『ナナイ…なんでも無い。サザビー、出るぞっ!!



if story_012




脚部から放たれた強化されたバーニアの閃光が超重量級であるはずのサザビーを軽々と押し出し『 飾りではない 』と主張するかの様であった。




-Fin-








【あとがき】備考



この強化型サザビー最終決戦仕様は、どの公式記録にも載っていない。



それもそのはずである。



この最終決戦仕様は、リオ・マリーニ主任技師による独断で改修されたため、この事実を知る者はネオ・ジオンにも極数名しかいないのだ。



また、計画書や仕様書その他の書類も一切残っておらず改修の詳細にについてはリオ・マリーニ主任技師しか知りえないのである(彼は第二次ネオ・ジオン戦争で戦死している)



また、改修されたサザビーではあったが、サイコフレームが散りばめられたνガンダムとニュータイプとして突出したアムロ・レイの組み合わせには適わず、激戦のうえ大破してしまい、実機からのデータ収集もされていない。




従って劇中でも通常のサザビーとの書き分けがされていないままである。



















……




……………




……………………………




………………………………………………なーーんてね!!





妄想マスターの独り言でした。






いかがでしたでしょうか?(´д`)


この話しは、全くのFinoのオリジナル…ifストーリーです。


あっ?!でも、一年戦争時のジオング整備兵の名前が『 リオ・マリーニ 』ってのは、なんかで見た記憶があります。

確か…MSVのパーフェクトジオングの完成の際に、シャア大佐との会話で『 今でも脚は飾りだと思うかね?』『 まんざら飾りでもないですね!』というやり取りがあったと記憶してます。



で…今回、色々妄想してる過程でフッと、そのことを思い出し…で、つい悪乗りしちゃいました(´д`)




そういえば…写真に写ってるKOTOBIKIYAさんの『 メカニカルチェーンベース 』ですが…。


この妄想ストーリーの写真撮影用に大人買い@総務部長ハンドキャリーしてましたヽ(*´∀`)ノ



今回の撮影は塗装もなんもしてない状態で使用しました…てへっ(´∀`*)



いや…本当はオラサザビーの次は、LEDや光ファイバーも仕込んでジオラマ風に…と思ったんですが…

オラνガンの誘惑に勝てずに、今は罪(積み)となっております(´∀`*)




いちおーLEDとか光ファイバーも日本から持ち込み済みなんですがね…(´д`)






さて…完成写真なんですが…








妄想ストーリーなんかやってたら…






えらく長くなっちゃたんで…






次回につづくっ!!




それでは…See u soon~♪

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

SAZABY(サザビー) 製作記【15】

みなさん、こんばんわっ!!です。


昨日、一昨日は体調不良でダウンしてましたFino(フィノ)です。



Finoはムチウチ症持ちで、季節の変わり目や湿度が高かったりすると、偏頭痛でどうにもならなくなってしまいます゚(゚´Д`゚)゚



Finoは昔…若い時に車の運転は、かなりムチャをした方でして…(´Д` )


田んぼに逆さまに落ちたり山道の崖に刺さったり…最近では1年半程前に、通勤中にタイの高速で180Kmで走行中にスピン(3回転)して大クラッシュしたり…って、全然昔じゃないしっ!!





まっ…とにかく、その後遺症でムチウチ症ですヽ(*´∀`)ノ





おまけに…いまオラνガンでプチ壁にブチ当たって苦悩してたり…。


いやぁ…先人ブロガーさんの壮絶作品にFinoも最初からやり直したくなったり…(´Д` )



まっ…やり直しませんが…ね゚(゚´Д`゚)゚




ただ…νガンは思い入れが強すぎるんですよね…FinoはやっぱファーストからUCに続く宇宙世紀が大好きです。


νガンは、その中でも3本の指に入る好きなMSなんで…(´∀`*)



で、その3本の指に入るであろう…もうひとつのMSがザビーだったワケですが…。


つーことで、オラサザビーの続きです。



前回は赤の調色に苦労し、下地の影響を受けまくるのを逆手に取ってボカシ塗装をして下半身まで終了したトコまででしたね。


PAIT_017.jpg

※けっこう間が空いたんで…前回の写真をもっ一回出してみた(´∀`*)



では…早速、続きを。



※2013年7月下旬~8月初旬※


ほんじゃ…まっ、下半身の勢いの衰えないうちに一気に塗装を進めましょーか!



PAIT_018.jpg

まずは、フロントスカート。

裏のトラスもグレーとメタリックで塗り分け、アクセントに丸モールドをゴールド・シルバーで。


PAIT_019.jpg

続いてサイドスカート。

ここもグレーを基調にメタリック系で塗り分け。


PAIT_020.jpg

リヤスカート(尻尾)です。

中央のネオ・ジオンマークはプラ版で凸モールードにしてあるので、マスキングで塗り分けました。

せっかくなんで、色も黄色からゴールドに変更してます。


PAIT_021.jpg

リヤスカート裏側。

フィン上のパーツは元のキットのモノを流用してて、別パーツになってますので、ここもメタリックで塗り分けてやりました。


PAIT_022.jpg

胴体です。

動力パイプのメタリパーツは、そのままでは目立ち過ぎだったので、プライマー塗布後にクリヤーイエローで塗装してます。

けっこう、この単体での写真…気に入りだったりします(´∀`*)


PAIT_023.jpg

下から煽りで撮影しても、しいたけ内部のメカ(小さなシリンダー等々)は全く見えなくなっちゃいました。


…予想通りとはいえ、けっこう寂しいものが…。゚(゚´Д`゚)゚。


PAIT_024.jpg

肩です。

裏側のジャンクパーツ製メカやプラ版製ダクトも丁寧に塗り分け。

そういえば…ジャンクパーツに通したチェーン状のメタルパーツをクリヤーイエローで塗り忘れてる事に今気がつきました(´Д` )




…やり直しませんよ。゚(゚´Д`゚)゚。


もう飾棚にしまってあるし…(´Д` )


やり直しませんったらっ!!。゚(゚´Д`゚)゚。




それはさておき(話しをすり替えるトキに便利な日本語)続きを…。


PAIT_024-1.jpg

肩のアーマー。

ここは、いったて普通~です。


PAIT_025.jpg

腕です。

腕の関節丸パーツも他の部位に合わせ、マスキングでメタリックで塗り分けたり…。


そうそう、手の甲は本来指と同色の濃いグレーだったんですが、好みで赤にしてます。


PAIT_030.jpg


ついでにビームライフル。

エネルギーカートリッジはアナハイムのユニバーサル規格で汎用品という妄想の元、白としました(´∀`*)

ジオンにも、連邦にもフィットします…という、設定(妄想)です(*´∀`)


PAIT_032.jpg

スコープはクリアグリーンで塗装しました。

奥にはハセガワのミラーフィニッシュとオーロラフィニッシュが貼ってあります。


PAIT_031.jpg

ビームライフル上部のメタルパーツもプライマー塗布後にクリヤーレッドで塗装してます。


PAIT_033.jpg

武器繋がりで…まさかり(ヒートアックス)です。

ここは、確か色分けを設定と変えてると思います。

本来、グレーの塗り分けはなかった気がします…が、好みでマスキングで塗り分けました。


PAIT_034.jpg

で、まさかりが収まったシールド裏。

トラスは見ての通り、マスキングでの塗り分けです。

トラスと本体の赤の塗り分けもマスキング…とにかくシールドはマスキング地獄でした。


先端のミサイルはランナーから切り出しただけで一切なにも手を入れてません。

つーことで、せめてシルバーでピカピカに塗装してやりました(´∀`*)


PAIT_035.jpg

シールドの表です。

ネオ・ジオンマークは尻尾同様、マスキングでゴールドに塗装。

ちなみに…本来は別のキットに使用しようと、日本からハンドキャリーしたクレオスの『 スーパーゴールド 』を奢ってやりました(´∀`*)


シールドは白下地のボカシ塗装がうまくハマッてくれたんぢゃないかと…自画自賛ッスけどね(´∀`*)


PAIT_026.jpg

バックパックです。

ツインサークルは他のトコ同様に内部パーツをゴールドでアクセントにしてます。

中央バーニア上部のシイタケ…もっと出せばよかったかな…と、思いましたがガッツリ固定されて剥がれませんでしたヽ(*´∀`)ノ


PAIT_027.jpg

ファンネルです。

チマチマした改修のおかげで、銃口は収納状態でベストな高さになったかなと…。


PAIT_028.jpg

最後は、ファンネルコンテナです。

プラ板製、自作ダクトの塗り分けは…モチロン、シュナンジュを参考にマスキングで白に塗り分けましたヽ(*´∀`)ノ


しかし…このファンネルコンテナだけ見ると、とてもジオン系MSのパーツとは思えんっ!(´Д` )



まっ…サザビーはネオ・ジオンがアナハイムに外注製作させた…と、いうことらしいんでオkでしょ(´∀`*)


で、この時点…つまり塗装が全て完了したのが今年の8月5日の夜…。



翌日、8月6日はFinoの4十ン歳の誕生日です(*゚▽゚*)



つーことで…最後の組み付けは明日、自分の誕生日にやる事に決めました。




※2013年8月6日※Fino(フィノ)の誕生日っ!!


前日にセットしたiPhoneのアラームが、けたたましく鳴り目を覚ます。


画面をスライドさせアラームを止めると、画面には『 5:00 』と表示されている。


寝ぼけた頭で更に画面を見ると…日付は8月6日。


『 あぁ…今日は、誕生日か…で、サザビーを完成させるんだったな… 』

と、徐々にアラームを5:00にセットした理由を思い出す。



2年越しで弄ってきたサザビー…最終の組付けでミスっては洒落にならんっ!!

寝ぼけた頭をスッキリさせるために、顔を洗い、コーヒーを準備し、ベランダでタバコを一服。




もうすでに下半身は組付けてあるので、残りの組立にはそう時間はかからない。


なにしろ、製作中に嫌というほど組付け・バラシを繰り返してきているのだから。



順調に組付を進め…最後の組み付け、バックパック+ファンネルコンテナを本体と組み付け…。



思わず…『 でけた~っ!! 』との声と共に両手を上に高々と上げ叫んでしまった自分に、少し可笑しくまた達成感も伴い…自然と口元が緩んでしまう。



完成したサザビーをプラモ机の上に立たせ、椅子から立ち上がり…ちょっと離れたトコから眺めてみる…。



先ほど用意したコーヒーを飲みながら、2年間の思い出に浸り達成感を味わう。




どのくらい眺めていたのか…窓の外はスッカリ明るくなり、朝日が差し込んできていた。




その、外から入る朝日の自然光で出来た陰影が、さらに機体を際出させてくれる。





それならばと…。



PAIT_036.jpg


ベランダに簡易ステージを用意し、自然光で撮影してみる。


なかなかいい絵が撮れてるのだが、いかんせんベランダの手摺りが邪魔である。



『 これじゃ完成写真には使えないな…完成写真は今度の休みにゆっくりと撮るか 』


と、一人呟きながら出社準備を始めるのだった。



ちなみに…






起きてからここまで…パンツ一丁だったという事実は内緒だっ!!(´∀`*)



4十ン歳の誕生日の早朝に、ベランダでパンツ一丁でガンプラをデジカメで撮影してる…そう、それがFinoだっ!!


補足)Finoは寝るトキは基本パンツ一丁ですヽ(*´∀`)ノ





最後にベランダ撮影のヤツをもう一枚っ!!

PAIT_037.jpg



と…いう事で、オラサザビーはこれにて完成です!!




次回、完成写真でオラサザビー製作記を締めたいと思います。



…つっても、モデラーズギャラリーに投稿した写真ですが(´∀`*)



それでは、また次回っ!!



See u soon~~♪

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Fino(フィノ)

Author:Fino(フィノ)
タイ駐在中で出戻りモデラーのFino(フィノ)です。

MG(モデラーズ ギャラリー)への投稿をきっかけにブログ始めちゃいました。

よければそちらもご覧下さい。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
↓今年も参加してきました!
第3回 千葉しぼり展示会【デフォルメ選手権】
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示