日本からリュックに入れて持ち込んだアイツ / MMシリーズ エンゲージSR3 製作記【01】

どーもー!やっと展示会の旅行記が終わり、今回から新作の製作記スタート!!…Finoです(;´∀`)/


いやぁ~我ながら、展示会の旅行記は長かったww

もう、最後の方はタイに戻って三週間も経ってるんで、記憶が曖昧ww(;´▽`A``

なんかね、書き終えてから「あっ?!」と思い出す事もあったり…でも、まっ!いいっかwwみたいな感じでした。



で、その記事の中で色んな材料や工具を買った写真がありましたが…。


その写真の左下に写ってた…。



↓コレ

161202_001.jpg

コレ…Waveさんから『細幅彫刻刀』という事で出てるヤツなんですが…。



↓先端がこんな感じで…。

161202_002.jpg

まさに、マイナスドライバーの先端を研いだヤツみたいになってます。



で、今回Finoは…。



この先端を外して、ファンテックの超硬スクレイパーを取り付けてやろう!!と思って買ってきました(*´ω`)

まぁ、本来の使い方…このドライバーの先端研いだみたいなヤツでは、Finoのノミ的な用途には耐えれそうにないしww

むしろ、同じ用途で使うならBMCタガネ一択です!!



なので、ファンテックの超硬スクレイパーの径(Φ2.34)に合わせて、2.4㎜幅のヤツを買ってきました…。






がっ!!しかしっ!!






この先端…アルミの持ち手に接着剤でガッツリ固定してあって…全然外れねぇwwww(;´Д`A ```






と、いう事で…。





そっと机の引き出しの奥に仕舞い込みましたとさ(;´▽`A``





せっかく…。

コレ持ち手がアルミでアルマイト加工とかもしててカッコいいし…。

上手くいったらブログにドヤ顔で紹介しようと思ったのになぁwww(;´∀`)



と、こんな全然役に立たない冒頭記事でつかみはオッケー!!…なのか?


多分、全くつかめてないと思うので…早速新作の製作記事の方、いってみたいと思います。





※続きは↓の『続きを読む』をクリック!






※2016年11月上旬※

千葉しぼり展示会で日本へ帰国、秋葉原でボークス行った時に見かけたMMシリーズのエンゲージSR3!!

ボークス店頭でMMシリーズを見かける事は何度かあってもSR3は初めて…。



コレは、運命の巡り合わせだ!!と購入し、背中のリュックに入れてタイに持って帰って…。




タイに戻ってからヤフオクで検索すると…。



なんと!新品の5千円安が落札相場だったwww(;・∀・)




ん~っ…なんか初っ端から不穏な空気が漂いますが…。





気持ちを切り替えて…。






↓まずはパーツチェック。

161202_101.jpg

これがレジンパーツの全てです。


まぁ、Finoもレジン製のガレージキットはそんな数をこなしてるワケじゃないし…。

比較対象になるのはHSGKのナイト・オブ・ゴールドぐらいなんですが…。

まぁ、流石にHSGKに比べるとパーツ数が少ない気がしますねww


とは言え、コッチは透明装甲ではないという事を考慮すれば、まぁこんなモンかな…とも思ったりw




↓で、コチラは…。

161202_102.jpg

取説とレジン以外のパーツ…つか、ボールジョイントですね。


で、このキットもまたかなり古いキットでして…。


当時、ボークスが必死にラインナップを充実させてたMMシリーズというガレージキットです。


MMシリーズ、『Mechanical Moving』の略で、ガレージキットでポリキャップによる関節可動を目指したシリーズでした。



まぁ、『でした』というからには…いまは無くなってるんですがね(;´∀`)



では、早速仮組をしてみたいと思います。


とは言っても…プラモみたいにパチパチと組めるワケでもないし…。

ポリキャップ以外のトコはしっかりと真鍮線で軸打ちしながら…。




↓でけた!!

161202_201.jpg

仮組してる写真とか撮ってないんで、イキナリですがww


で、この仮組したSR3…なんか「コレじゃない」感が漂ってます(;´▽`A``


なんか腰が入ってないというか…足を前に放り投げて腰が引けてる感じww




で、その原因がですね…。




どうやら↓ココみたいw

161202_202.jpg

この赤矢印のトコが干渉して足首が曲がらず、腰を前に出せないんですよww



ちなみに…腰が入った姿勢にしてみると。



161202_203.jpg

うん、さっきよりイイ感じがする…。
→全く変わらんとか言わないでww




がっ!!




この姿勢を取らせるには…。

161202_204.jpg

足首の干渉を避けるために足首関節のボールジョイントを約2.0㎜ほど浮かせないと…です(;´Д`)


おかげで、元々可動の為にスカスカだった足首周りがさらにスカスカwww



なんか…MMシリーズの本質が若干垣間見えた気がしなくもないですが…。



まぁ、気にせず先に進めます。




で、まずは…。



161202_301.jpg

ボールジョイントのトコにタミヤプラパイプを2.0㎜で輪切りにしたスペーサーを作って接着。


ついでに中には1.0㎜の真鍮線を通して補強しときます。
↑写真はないww




で、スカスカだったトコに…。



161202_302.jpg

マスキングテープ貼ったり離型処理をした後に、エポパテ突っ込みます。



で、エポパテ硬化後…。



161202_303.jpg

関節っぽいナニかを製作。




中央のミゾに…。




161202_304.jpg

板バネっぽいヤツをプラ板で…。





って…ニパ子の台座と一緒やんwwww(;´∀`)



なんか…やってる事、展示会前と代わり映えしない気もしますがww



まぁ、これも気にせず先に進めましょう(;´∀`)





で…実は、先ほどのポーズ取らせるためには、もうひとつポイントがあって…。




ソレが↓股関節です。

161202_401.jpg

太ももの後部が股関節と干渉して脚がハの字に開かないんですよww


で、ここも取説に対してかなり浮かせてます。




で、モチロンこの股関節ボールジョイント部も装甲のスキマから丸見えになるので…。



161202_402.jpg

エポパテで関節っぽいナニかを製作してやりました。




で、ついでに…。




161202_403.jpg

腰部のメカっぽいトコは全てのモールドをタガネで彫り込んで、一体っぽいメカを色んなパーツが寄せ集まったという感じにしてやってます。



つか…やっぱガレージキットは型がシリコンなんで、凹モールドが埋ってる事が多いですww

なので、コレをタガネとかで彫ってシャキっとしてやると完成度がグッと上がる…と、Finoは思ってます(;´∀`)




で、エポパテ製の追加パーツも接着して…。




サフ吹いたのが↓コチラ。

161202_404.jpg

まだ最終サフではないですが…。



さて…ココで全体の仕上げに…と、思ったんですが…。



更に気になるトコが…。



せっかく腰の入ったポーズを取らせる事が出来る様になったんですが…。

どうにもつま先が浮いてる…というか、カカトとつま先の先端しか接地してないwww



既にキットの状態で、つま先が変形してて先端がお辞儀してるみたいになってはいたんですが…。

コレを平らにしようとすると、裏側のメカディテールがゴッソリ持ってかれるしww



と、いう事で…。



161202_501.jpg

平らなアクリル板に離型処理した上に、ポリパテをムギュ~っと押し付けww


これで、つま先の先端は平らになるし、地面にもちゃんと接地してくれます。



がっ!!


今度は、押し付けたポリパテを仕上げたら、つま先がボテっとして気になってキタww(;・∀・)

161202_502.jpg

写真の右側がそのままポリパテを仕上げたモノで、高さが高くなった分をそのまま仕上げるとハスに広がって幅がボテっとしちゃいました(;´∀`)


なので、写真左の様に表面にシアノンDW+ベビーパウダーを盛って先端を微妙に延長しつつ、シュっとしてやりました。


まぁ、このヘンは個人の好みで分れる気もするんですがww



で、このつま先の段差ですが…。

やっぱ、つま先は脚の甲の部分とは別パーツが被さってると思うのですが…。

キットでは『段差』で表現されてます。




なので、この段差を…。



161202_503.jpg

ダガネで彫り込んで、別パーツのつま先が被さってる感じに。



で、先ほどポリパテ押し付けた足の裏側も…。



161202_504.jpg

メカ部の全てのモールドにタガネを当てて、別パーツ感を出してやります。



…と、こんな感じで『腰を入れたポーズにする』ための改修が完了しました(;´▽`A``



次回からは全体の仕上げをしつつ…という感じに進めたいと思います。





では、また次回…シーユーアゲイン~♪
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは(^^)/

WAVEさんの彫刻刀の柄、、、カッケェ!!
その柄の部分だけでいいんで欲しいかも、、、、(←怒られそうww)


そっか~!
SR3はレジンキットなんだよね!
未知の世界だけど、一度は作ってみたいなぁぁ!!
でも、最速でも来年になりそう(笑)

まぁ、、、そして、、、足首にエポパテ突っ込んで、次の画像がアレですから(笑)
さすが「エポパテの魔術師」w
微妙な曲線ラインとか、装甲が重なってるように見える部分とか、、、、
やっぱり、、、ノミですか?
そうですよね(;^_^A
Finoさん、、、絶対「スモールライト」を隠し持ってるでしょ(笑)
股関節のナニカ、、、も、、、、、上手ぇなぁぁぁ(*´Д`)

Finoさんとか豆さんとか、、、、元キットいらないんじゃね??(;^_^A(笑)

あ、、、そうそう!!
「ファチマ ニパ子」、、、ゴッドハンド賞を取ってましたね!
おめでとうございます(≧▽≦)/
やっぱ、すげぇぇっすね!
なんか、、、、、Finoさんの時代が来たんじゃ??

Re: とみさぶろうさん

でしょっ!!
本来の目的なトコはダメダメで、見た目がかっこイイのがいかにもWaveらしいwww
↑オイっ!怒られるゾ!!

そうですね…SR3は1/100だとガレージキットになっちゃいますね(;´∀`)
1/144なら冒頭のWaveからプラモでてますケドww

またガレージキットも何種類か出てて、MMシリーズは一番安いキットなんです…。
本当はHSGKというヤツが出来がいいんですが…いかんせん手に入らないww

エポパテ…Finoはやっぱノミですね~(^▽^;)
やっぱ、ノミがFinoには一番形状を出しやすいッスw
で、装甲が重なって見えるトコはダガネです。

そういえば…プラモらしいプラモ作ってねぇなぁww(;´▽`A``

で、ふぁちまニパ子っ!!
いやぁ~、ツイッターで見てビックリしました!!

メッチャ嬉しかったです(*´ω`)/

今年は去年の失態をバネにふたつも賞もらちゃって…。

なんか、この先とんでもない事が待ってそうでww怖いッス(;´Д`A ```

No title

ど~も~!まんねんです(*´∀`)

おお~このつま先加工、ツイッターで見たやつだ
やっと意味が把握できましたw

立ちポーズに対する拘り、、、すげぇ~ッス(;´∀`)
僕には言われてみて、かろうじて違いが確認できる程度です(笑)
でも、立ちポーズ固定になるんだったらこういう所が仕上げに大きく
影響するのでしょうね。

足の関節っぽい何かが素晴らしい精度ですね。
左右で誤差が無いのがため息モンの技術です。
複製をせずに、高精度で左右作っちゃう所が恐ろしいですwww

レジンキットって凄い気泡なんでしょ??
僕も(たしか)WAVE?のキュベレイに魅了されたんですが
どなたかのブログの製作記を読んで、、、、、辞めよう、、、
ってなりました(笑)


いつか挑戦したいですがね(^^)

引き続き、勉強させてもらいます!

Re: まんねんさん

どーもーです(*´ω`)

いやぁ~、やっぱツイッターは文字制限あるし写真の枚数も限りがあるんで、なかなか伝わらないッスよねww

まぁ、ツマ先はせめて内側だけでもちゃんと接地してくれてたらスルーしたんですがねぇ(;´∀`)
もうレジンが反ってて、つま先の先端ちょこっとしか地に付いてなくて…直すならいっそ!と、あんな感じになっちゃいましたww

個人的にですが、ロボット模型で立ちポーズはとっても大事だと思うんですよ…。
いくら改修とかガッツリしててても立ちポーズがキマってないと残念な感じばっかり目立ちゃって(;´∀`)

今回のガレキはMMシリーズという下手にポリキャップで可動するキットで、その割に可動範囲とか狭くてww
カッコ良く立たせるには一考の余地ありな感じでした(;´▽`A``

足首の関節っぽいナニかは、そんな左右対称に拘ってないですww
もともと、隙間にエポパテ突っ込んでの時点で左右のスキマがボ妙に違ってますしww
写真で見てわかんない程度…でやっちゃってます(;´∀`)

実は、ガレージキットの気泡…Finoはまだそこまで酷いのにあたった事がないんですよ…。
元々ガレージキット自体2個目ですしww
↑黒歴史は除くw

そのどちらもボークス製で、Webとかで見るとボークスは割と気泡少ない方らしいですね。

そういえば、ブログリンクしてるM&Kさんの製作してたシリコントライブのリックディアスは気泡凄かったッスねww
Finoならアレは挫折するわwwなレベルで気泡まるけでしたよ(;´Д`A ```

ガレージキットの製作…確かにプラモと色々違いますが、色々楽しいッスよ!!

基本レジンの無垢なので、彫ってモールド追加したりするのはプラとパテの混合材質になってより全然楽だし(*´ω`)
ダガネで彫ったり、スジ入れたりもケバ立り少ないし!

大変なのはマスキングの塗り分け必須なトコかなぁwww
↑いまココなぅ(;´∀`)

ではでは、引き続き頑張りま~す!

No title

Finoさん、こんばんは!
その足首の裏・・・何故そうなるwww
けっきょく上手い人のHOW toなんて当てにならねぇえええwwの典型ですなw
「こうなっちゃった♡てへ」
みたいなw
普段メイド喫茶のことしか考えてませんが、ノミを持たせたら恐ろしい人ですっ!

Finoさん、こんばんは〜

ツイッターで先にみてますが、やっぱり関節の隙間の処理が上手すぎる…
デザインに違和感なく溶け込んでてサスガだと思います(^-^)/
別パーツに見える彫り込みはガレージキットならではですよね
塗装された状態が今から楽しみです^_^

先っちょが取れないのは、たまにコンコン叩いてみたらそのうち取れると良いですね(^_^;)

Re: かさばる兄さん

HOW towww一番Finoが苦手なヤツですねw(;´▽`A``

昔、職人さんから『バキャロ!技術ってのは教わるんじゃねぇよっ!盗むもんなんだっ!!』と教わってきたのでww
そのおかげで、Finoも人に教えるの下手なんですよw

まさに「ノミで削ってペーパーかけて…」ぐらいしか説明できない(笑)


で、最近はメイド喫茶の事よりツインティールの事ばっか考えてます。
どうやら、自分で思ってた以上にFinoはツインテ萌えだったみたいです(*´ω`)

Re: 豆タンクさん

豆タンクさん、どーもーです。

デザインって…そんな大層なモンじゃないですよww
スペースが広い様で狭いんで、エポパテでなんか作ろうとすると必然的にあんな感じになっちゃうんではかないとw(;´∀`)

別パーツに見える彫り込みは、塗装のマスキングの際にも役に立ちます。
彫り込んだミゾがあると、ソコにデザインナイフ突っ込んで「ス~ッ」とカットできますしね。

あの先っちょは絶対に取れないッスわww
ラジペンで掴んでかなりグリグリしてみたんですが、微動だにしなかったです(;´Д`A ```

まぁ、アレは引き出しの肥やし決定ですねww
プロフィール

Fino(フィノ)

Author:Fino(フィノ)
タイ駐在中で出戻りモデラーのFino(フィノ)です。

MG(モデラーズ ギャラリー)への投稿をきっかけにブログ始めちゃいました。

よければそちらもご覧下さい。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
↓今年も参加してきました!
第3回 千葉しぼり展示会【デフォルメ選手権】
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示